Search
Favorite
Yahoo!ブックマークに登録 RSS
↑ ↑ ↑
RSS登録はこちら!




Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Sponsored Links



--------------------------------
★マフィンとのお約束★
コメントは承認されるまで画面に反映されません♪
迷惑コメントや記事と関係のないコメントはバッサリ削除します♪
そこんところ、よろしくね♪
-----------------------------------
サンディエゴはいま・・・


そして日本は・・・


New Entries
Sponsored Links
Links
 「スピードラーニング英語」
Recommend
B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2008~2009 (地球の歩き方 B 3)
B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2008~2009 (地球の歩き方 B 3) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
ロサンゼルス国際空港からマリナ・デル・レイ〜サンタモニカ〜ビバリーヒルズ〜ハリウッドまでのルートが写真つきで詳しく載っています。このコースは初めてアメリカをドライブするにはうってつけの練習コースとか。空港からのレンタカーの借り方やドライブするのに必要な情報が満載!常に進化する街、ロスアンゼルス。ガイドブックは最新のものを!
Recommend
B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2008~2009 (地球の歩き方 B 25)
B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2008~2009 (地球の歩き方 B 25) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
アメリカをドライブするなら必須の本書。ガソリンの入れ方や日本と違うアメリカの交通ルールがわかりやすく掲載されています!
Recommend
ロンリープラネットの自由旅行ガイド カリフォルニア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド (A-03))
ロンリープラネットの自由旅行ガイド カリフォルニア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド (A-03)) (JUGEMレビュー »)
アンドレア シュルテ‐ピーバーズ,マリサ ゲーリッヒ‐バーギン,カート ウォルフ,サラ ベンソン,スコット マクニーリィ

カリフォルニアの歴史から解説。
他のガイドブックには載っていない日本人にとってはマイナーなカリフォルニアの観光地が紹介されています。
特に日本のガイドブックではあまり紹介されないサンディエゴも、この本では詳細に解説。
ニューポートビーチ(オレンジカウンティ)の情報、サンフランシスコ近郊のワインカントリーなどの情報もあり、カリフォルニア全般を網羅しています。
サンディエゴを訪れるなら、この本は必見です!
Recommend
How to Save a Life
How to Save a Life (JUGEMレビュー »)
The Fray
テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」の挿入歌として知られる「How to Save A Life」は泣かせてくれます・・大ヒットソング「Over My Head」も秀作!
Recommend
Eye to the Telescope
Eye to the Telescope (JUGEMレビュー »)
KT Tunstall
テレビドラマ「Ugly Bety」&映画「プラダを着た悪魔」のテーマソング「Suddenly I see」を聞くと元気がでます!
Recommend
Music from the O.C.: Mix 5
Music from the O.C.: Mix 5 (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
テレビドラマ「The O.C」のサントラ。テーマソングの「California」を聞きながらのドライブは最高です!
Recommend
Hotel Paper
Hotel Paper (JUGEMレビュー »)
Michelle Branch
このアルバムが出た当時、ホント良く聞いてました。ボーナストラックに入っているサンタナとフィーチャーした「Game of Love」(輸入版では入ってないものもあるので注意!)は今でもこちらのラジオ局で頻繁に流れます。
Recommend
Minutes to Midnight
Minutes to Midnight (JUGEMレビュー »)
Linkin Park
L.A.出身のバンド、3作目の本作は1作目2作目と音楽性が大きく変り賛否両論を巻き起こしましたが、基本的な美しいメロディと芯の通った歌詞は健在。U2の影響も見られる本作は社会的なテーマを歌っています。
Recommend
Hot Fuss
Hot Fuss (JUGEMレビュー »)
The Killers
ラスベガス出身のバンドですがUKRockっぽくまた、懐かしい感じのバンドです。「Somebody Told Me」もろ80年代風ですがなかなかよいです。TheO.C.のシーズン2にさりげなくゲスト出演しています。
Recommend
Nevermind
Nevermind (JUGEMレビュー »)
Nirvana
大ヒットした「Smells Like Teen Spirit」は今でもアメリカのグランジミュージックの国歌として紹介するDJが多いですねぇ。アメリカ発祥のグランジミュージック Nirvana Forever!!
Recommend
0304
0304 (JUGEMレビュー »)
Jewel
サンディエゴ出身の「ジュエル」の曲をサンディエゴで聴く醍醐味・・・きれいな歌声は美しいサンディエゴの景色にぴったり!
Recommend
The Collection
The Collection (JUGEMレビュー »)
Alanis Morissette
11年前に初めてサンディエゴに来たときに爆発的にヒットしていたアラニス・モリセット。アラニスを聞くとサンディエゴを思い出すマフィン・・・
Recommend
(What's The Story) Morning Glory?
(What's The Story) Morning Glory? (JUGEMレビュー »)
Oasis
1996年の夏、サンディエゴはとても暑かった・・このアルバムの「Don't Look Back in Anger」も
毎日のように流れていました。
余談ですが、Morning Gloryの俗語は・・ご存知ですか?<笑
Recommend
War
War (JUGEMレビュー »)
U2
鮮烈なデビューアルバム。アイルランド紛争を歌った楽曲は当時高校生だったマフィンに衝撃を与えました。発表から25年、いまだ世の中のあちこちで戦争が続いている昨今、平和を願うばかりです。
Recent Comment
Category
Archives
Profile
アメリカのドラマから学ぶ英語








  • seo
Recommend

「聞き流すだけ」で英会話をマスターしちゃいました(^v^)
Recommend

初めての留学はココ!
留学Style!



カリフォルニア関連のYouTube
The OC - California
by phantom planet


Dani California
by Red Hot Chili Peppers

歴代のロックスターのパロディです。あなたは何人わかりますか?

Hotel California by Eagles

My FavoriteMy Favorite

All Apologies by Nirvana

Come As You Are
by Nirvana


Don't Look Back In Anger by Oasis

Wonderwall by Oasis

New Years Day by U2

Bloody Sunday by U2

Summertime
by The Sundays


Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
セドナ番外編:ヴォルテックスってなに?
さてと、マフィンのセドナの旅も終盤に入ってまいりました。
毎日、ヴォルテックス、ヴォルテックスと、赤い岩の写真ばかり載せていますが、

「ヴォルテックスってなに?」

って思っている方も多いのではないでしょうか?(笑)


ここで、ちょっとコーヒーブレイク♪
ヴォルテックスについて、ご説明いたしましょう〜^^



* * * * * * * * * * * * * * * *


まず、セドナの中心から10マイル以内のところには、
15個ものヴォルテックスがあるそうです。

そして、その中で、もっとも有名なのが、今回マフィンがチャレンジしている
4つのヴォルテックス。

このヴォルテックスとは英語で書くと”Vortex" その単語の意味の通り、渦を意味しています。


私達を取り巻く世界には、たくさんの渦があります。
水道の流しを流れていく際にできる水の渦や、竜巻、つむじ風・・・

これと同じようなものですが、流れているのが水ではなく、風でもなく
エネルギーの渦というのがこのヴォルテックスです。

セドナのヴォルテックスには世界中のエネルギーが流れ込んでいると言われています。
このようなパワースポットは世界各地にありますが、

セドナにはたくさんのヴォルテックスがあるため、
「スピリチュアルディズニーランド」とも呼ばれております。



このヴォルテックスにはエネルギーとともに、強いエレクトリックパワーも流れているそうです。
磁石のようなものでしょうかね?

そんなわけで、ヴォルテックスに生えている木々は捻じ曲がっているものが多いのです
写真updown





この、エネルギーの渦は、そこに訪れる人に陰と陽のエネルギーを注ぎ込みます。
ポジティブエネルギーとネガティブエネルギー両方があり、
そのヴォルテックスごとに流れているエネルギーが違うようです。

このような、「気」を感じやすい人は、ヴォルテックスの中心に登らなくても、
その近くまで行っただけで、エネルギーを感じ、
ピースフルな気持ちや穏やかな気持ちになったりするようです。


人によっては、このヴォルテックスの上で瞑想すると、
なにかの気づきをもらったり、ヒントをもらったり、トランスフォーム(変換)したりと魂の成長があるようです。(なんだか、スピリチュアル系の言葉って日本語で上手く表現できませんね、変な日本語でスイマセン・・・・・)

そんなわけで、セドナにはたくさんのスピリチュアルな人々、
ニューエイジやアーティストなどが集まってくるわけです。

さて、その代表的なセドナの4つのヴォルテックスについて、ご説明しましょう。




•Airport Mesa (negative charge - masculine)
•Bell Rock (negative charge - masculine)
•Cathedral Rock (positive charge - feminine)
•Boynton Canyon (a balance of both energies)

マフィンが行った順番に書くとこんな感じですね。
全く何も考えずに行った割には、良い順番だったのじゃないかと思います?!


まず、最初にいった、「エアポートメサ・Airport Mesa 」のヴォルテックスと
次に行った「ベルロック/Bell Rock」のヴォルテックスについて。

ここは、男性的なエネルギーで、ネガティブチャージするところです。
ネガティブといっても、それは、否定的な意味ではなくて、アクティブなパワーが得られるという、
意味ですのでちょっと紛らわしいですね。陰陽でいうところの、陽になります。

いつも何かに迷っていて踏み出せないという人は、
このネガティブポイントに行くと、決断力がつくといわれています。

自分自身が強くなったり、自分に自身が持てる(Self-confidence)ようになるポイントですね。

自分が本当になりたい物は何か?手に入れたいものは何か?
そんな質問に対する答えが見つかる場所でもあります。



そして、その次に訪れた「カセドラルロックヴォルテックス/Cathedral Rockと、その前に間違えて立ち寄ったパーク、正式名称は「Red Rock Crossing」。

ここはどちらも女性的なエネルギーでポジティブチャージするところです。
男性的な場所が、自分の正当性を探すところであるのに対して、
こちらは慈悲の心、他人に譲る気持ち、穏やかさ、平穏などを得る場所です。


日々、カリカリとアクティブに過ごしている人は、ここに行くととても穏やかな気持ちになれるでしょう。
人生に疲れたら、ぜひこちらに行って瞑想してくださいね♪




最後に、これから、ブログ記事に載せますが、今日訪れた「ボイントンキャニオン/Boynton Canyon 」のヴォルテックス。

こちらは、ネガティブとポジティブの両方をチャージするところです。
バランスの取れた場所ですね。

マフィン、上述の通り、偶然ですが、男性的なヴォルテックスを2日、
女性的なヴォルテックスを2日とバランスの取れた訪問でした。

そして、最後にもう一度、陰と陽のバランスをみるという形で、
この両方のエネルギーを持ったボイントンキャニオンに訪れたわけで、
とっても良い回り方だったなぁ~とわれながら関心してました(笑)


* * * * * * * * * * * * * * * *


こんなにヴォルテックス巡りをしても、何か、大きな啓示を受けたとか、残念ながらそんなミラクルなことはありませんでしたが(笑)、きれいな景色、大自然の中でのハイキングとロッククライミングをしただけで、とっても心が癒されました。

知らず知らずのうちにエネルギーがチャージされているかも?しれませんね!

ちなみに、ヴォルテックスを登っている最中、写真を撮ろうとカメラをONにすると、
自動的に開くレンズのシャッターが開きにくくて引っかかったりして、レンズにかぶったりしました。

夏に帰省したときに買ったばかりの新しいものなので壊れるということはないと思いますが、もしかして、強いエレクトリックエネルギーで電子機器の動きも鈍くなるのかな~?なんて思ったりしました。

それから、ヴォルテックスから帰ってくると、ものすごい静電気でバチバチいっておりまますw

もともと静電気が出やすい体質?なのと、乾燥したアリゾナって事でもあるので、不思議ではないでしょうけど、それでもやっぱりいつもよりかなりバチバチいってるので、何か電気的にチャージしているのかもしれませんね?


さて、ちょっと長いコーヒーブレイクでしたが、
皆さんのヴォルテックス巡りの参考になればと思いまして、書いてみました。


=====================================
 
posted by: マフィン | セドナ | 18:44 | comments(2) | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:44 | - | - |-
マフィンさんがセドナに呼び寄せられたのも、
ボルテックスを周った順番も、きっと『偶然ではなく必然』なんでしょうね。
| MOCA | 2010/01/14 6:57 PM |
そうですね~。
アメリカに来てからというもの、
セドナに行きたい行きたいと思いつつ
なかなか機会がありませんでした。

今回、ヴォルテックスを登ってみて、、
ヨガで体力をつけた今だから
できたんだなぁ~とあらためて実感しました。

自分自身に準備ができたので、
セドナに呼ばれたんでしょうかね~。
そうじゃなかったら、4つのヴォルテックス、
へなちょこマフィンには絶対に登れませんでしたよ~(笑)
| マフィン | 2010/01/15 1:18 AM |