Search
Favorite
Yahoo!ブックマークに登録 RSS
↑ ↑ ↑
RSS登録はこちら!




Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Sponsored Links



--------------------------------
★マフィンとのお約束★
コメントは承認されるまで画面に反映されません♪
迷惑コメントや記事と関係のないコメントはバッサリ削除します♪
そこんところ、よろしくね♪
-----------------------------------
サンディエゴはいま・・・


そして日本は・・・


New Entries
Sponsored Links
Links
 「スピードラーニング英語」
Recommend
B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2008~2009 (地球の歩き方 B 3)
B03 地球の歩き方 ロスアンゼルス 2008~2009 (地球の歩き方 B 3) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
ロサンゼルス国際空港からマリナ・デル・レイ〜サンタモニカ〜ビバリーヒルズ〜ハリウッドまでのルートが写真つきで詳しく載っています。このコースは初めてアメリカをドライブするにはうってつけの練習コースとか。空港からのレンタカーの借り方やドライブするのに必要な情報が満載!常に進化する街、ロスアンゼルス。ガイドブックは最新のものを!
Recommend
B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2008~2009 (地球の歩き方 B 25)
B25 地球の歩き方 アメリカ・ドライブ 2008~2009 (地球の歩き方 B 25) (JUGEMレビュー »)
地球の歩き方編集室
アメリカをドライブするなら必須の本書。ガソリンの入れ方や日本と違うアメリカの交通ルールがわかりやすく掲載されています!
Recommend
ロンリープラネットの自由旅行ガイド カリフォルニア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド (A-03))
ロンリープラネットの自由旅行ガイド カリフォルニア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド (A-03)) (JUGEMレビュー »)
アンドレア シュルテ‐ピーバーズ,マリサ ゲーリッヒ‐バーギン,カート ウォルフ,サラ ベンソン,スコット マクニーリィ

カリフォルニアの歴史から解説。
他のガイドブックには載っていない日本人にとってはマイナーなカリフォルニアの観光地が紹介されています。
特に日本のガイドブックではあまり紹介されないサンディエゴも、この本では詳細に解説。
ニューポートビーチ(オレンジカウンティ)の情報、サンフランシスコ近郊のワインカントリーなどの情報もあり、カリフォルニア全般を網羅しています。
サンディエゴを訪れるなら、この本は必見です!
Recommend
How to Save a Life
How to Save a Life (JUGEMレビュー »)
The Fray
テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」の挿入歌として知られる「How to Save A Life」は泣かせてくれます・・大ヒットソング「Over My Head」も秀作!
Recommend
Eye to the Telescope
Eye to the Telescope (JUGEMレビュー »)
KT Tunstall
テレビドラマ「Ugly Bety」&映画「プラダを着た悪魔」のテーマソング「Suddenly I see」を聞くと元気がでます!
Recommend
Music from the O.C.: Mix 5
Music from the O.C.: Mix 5 (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
テレビドラマ「The O.C」のサントラ。テーマソングの「California」を聞きながらのドライブは最高です!
Recommend
Hotel Paper
Hotel Paper (JUGEMレビュー »)
Michelle Branch
このアルバムが出た当時、ホント良く聞いてました。ボーナストラックに入っているサンタナとフィーチャーした「Game of Love」(輸入版では入ってないものもあるので注意!)は今でもこちらのラジオ局で頻繁に流れます。
Recommend
Minutes to Midnight
Minutes to Midnight (JUGEMレビュー »)
Linkin Park
L.A.出身のバンド、3作目の本作は1作目2作目と音楽性が大きく変り賛否両論を巻き起こしましたが、基本的な美しいメロディと芯の通った歌詞は健在。U2の影響も見られる本作は社会的なテーマを歌っています。
Recommend
Hot Fuss
Hot Fuss (JUGEMレビュー »)
The Killers
ラスベガス出身のバンドですがUKRockっぽくまた、懐かしい感じのバンドです。「Somebody Told Me」もろ80年代風ですがなかなかよいです。TheO.C.のシーズン2にさりげなくゲスト出演しています。
Recommend
Nevermind
Nevermind (JUGEMレビュー »)
Nirvana
大ヒットした「Smells Like Teen Spirit」は今でもアメリカのグランジミュージックの国歌として紹介するDJが多いですねぇ。アメリカ発祥のグランジミュージック Nirvana Forever!!
Recommend
0304
0304 (JUGEMレビュー »)
Jewel
サンディエゴ出身の「ジュエル」の曲をサンディエゴで聴く醍醐味・・・きれいな歌声は美しいサンディエゴの景色にぴったり!
Recommend
The Collection
The Collection (JUGEMレビュー »)
Alanis Morissette
11年前に初めてサンディエゴに来たときに爆発的にヒットしていたアラニス・モリセット。アラニスを聞くとサンディエゴを思い出すマフィン・・・
Recommend
(What's The Story) Morning Glory?
(What's The Story) Morning Glory? (JUGEMレビュー »)
Oasis
1996年の夏、サンディエゴはとても暑かった・・このアルバムの「Don't Look Back in Anger」も
毎日のように流れていました。
余談ですが、Morning Gloryの俗語は・・ご存知ですか?<笑
Recommend
War
War (JUGEMレビュー »)
U2
鮮烈なデビューアルバム。アイルランド紛争を歌った楽曲は当時高校生だったマフィンに衝撃を与えました。発表から25年、いまだ世の中のあちこちで戦争が続いている昨今、平和を願うばかりです。
Recent Comment
Category
Archives
Profile
アメリカのドラマから学ぶ英語








  • seo
Recommend

「聞き流すだけ」で英会話をマスターしちゃいました(^v^)
Recommend

初めての留学はココ!
留学Style!



カリフォルニア関連のYouTube
The OC - California
by phantom planet


Dani California
by Red Hot Chili Peppers

歴代のロックスターのパロディです。あなたは何人わかりますか?

Hotel California by Eagles

My FavoriteMy Favorite

All Apologies by Nirvana

Come As You Are
by Nirvana


Don't Look Back In Anger by Oasis

Wonderwall by Oasis

New Years Day by U2

Bloody Sunday by U2

Summertime
by The Sundays


Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ようやく書き上げた2009年お正月のラスベガス旅行記です。
たったっ・・ 隊長!大変です!!ずいぶん前に書いたままアップしていないブログ記事が見つかりましたぁぁ~(←誰に向かって話してるんでしょっ汗

そうなんです、最初の2話はすでにアップしておりましたが
第3話目は書いたものの、公開しておらず、
第4話目は途中でとまっていたのです。

このたび、ようやく書き上げました。
2009年が終わる前になんとしてもアップしておきたいと思います(笑)

お待たせの記事はこちらdowndowndowndowndown
(誰も待ってなかったかもしれないけど^^)

=====================================

2009.01.03:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 2 ★LOVE★
2009.01.03:2009年1月ラスベガス旅行記 ようやく完結!

=====================================

ちなみに、こちらはすでに公開済みの、第1話と第2話です。

=====================================

2009.01.02:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 寿司バフェ-Makino-
2009.01.02:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 宿泊施設紹介

=====================================


このところ毎年訪れているラスベガス・・・今年もまた行っちゃおうかな~?!

皆様の旅のご参考になれば幸いです♪♪♪



=====================================

追伸:久々に、今日は大雨でした。

本日のHuntington Beachの写真です↓

Photo: Suzanne
・・・ごめん、Suzanne・・勝手にfacebookにアップした写真パクッたよ。
日本語のブログだから読めないよね・・・へへへ・・・<汗




雨になると調子を崩すマフィン、そのせいか、
この週末は38度以上熱がでて、寝込んでいました。

滅多に降らない雨なので、カリフォルニアの人は
雨の日のドライブになれていないため、とっても危険!

マフィンも以前、免許を取ったばかりの頃、大雨の中、
ディスニーランドに向かった際にあわや大事故に巻き込まれるかも?
というシチュエーションに遭遇してからは特に怖くて、
できるだけ運転しないようにしています。

・・・・がそういうわけにもいかず、今日はトーランスまで行ってきました。
まだ37度以上熱があったのですが・・・。

40分くらいのドライブですが幸いにも道路は空いており、
それほど皆さん飛ばさずに安全運転でしたね。

でも、途中で何度も救急車がとおりすぎていったので、
あちこちで事故が発生していたんじゃないかなと思います。

皆様も体調を崩さずにお気をつけくださいね!!











JUGEMテーマ:旅行
posted by: マフィン | ラスベガス | 00:20 | comments(0) | - |-
2009年1月ラスベガス旅行記 ようやく完結!
なんだい、今頃かよ〜って声が聞こえてきそうですが、
ようやく完結しました。

第1話〜第2話は以前もブログでご紹介しましたが、
その続きの第3話〜第4話をようやく執筆(笑)これで、見事完結です。

======================================================


第1話:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 寿司バフェ-Makino-
第2話:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 宿泊施設紹介
第3話:ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 2 ★LOVE★

======================================================

実は2006年8月のラスベガス〜サンフランシスコ〜ロス旅行記は途中まで書いていたのですが、完結していなくて、全てアップしていないのよ。
こちらもいつか掲載できたらいいんですが、、永遠におシャカかな・・(笑)

旅行記っつーのは、その場でリアルタイムで書かないとなかなかアレだね。
筆が進まないって言うか〜そのまま放置になっちゃう可能性大ですな。


======================================================


・・・・なんて言っておきながら、またしてもここでup止まっちゃってたわけ。
理由は、写真をアップしてなかったってこと。

さて、さっくりアップして、公開しちゃいます。



シルクのショー「LOVE」を見る前に、近くのホテルの無料ショーを見物しました。
ミラージュの火山のショーとトレジャーアイランドの海賊のショーです♪



火山のショーは以前も何度かみたのですが、海賊のショーは初めてです。
この辺、道が混んでるので、車をパーキングに駐車してまで見る気にもなれず、いつもパスしていたのですが、このときは、ちょうとLOVEのディスカウントチケットを取りにミラージュまで歩いて行き、その帰りにちょっと散策したら、ちょうど出くわしたんですね。



今回止まったフラミンゴはこの辺、徒歩圏内なので車を出さずにいけるっていうのがとても便利でした。



何度見ても大迫力の火山のショーは、ベラッジオの噴水のショーと並んで、人気がある無料ショーのひとつです。



そして、こちらはトレジャーアイランドの海賊のショー。



運河の上に、舞台が2つに分かれています。



運河の上の通路もアトラクションの一部と言う感じでなんだかわくわくする造り。



こちらの海賊船で、海賊達が暴れまわります(笑)



セクシーな女海賊と男海賊達の争いが繰り広げられます。
見ていたマフィンは寒くて寒くて、せりふも良く聞こえませんでしたが(笑)
まあ、見ているだけでも楽しめたので、よしとしましょう。



ドンパチやって、最後は役者さんが運河に飛び込んだりしましたが、
とっても寒かったのに、水の中に入るなんて、さすがです、芸人魂・・・。



その後「LOVE」を見て、ホテルに戻ると、友人達はひたすらホテルのカジノに入ってギャンブルを続けておりました。



途中の休憩所でパチリ★



とても、天気の良いラスベガスでした♪

はぁ~、、ようやく書き終わったぞ!!

=完=




posted by: マフィン | ラスベガス | 23:36 | comments(0) | - |-
ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 宿泊施設紹介
まずは、こちらからどうぞ!
→ ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 寿司バフェ-Makino-





宿泊施設は今回もヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)のタイムシェア。
このブログの読者さんは、タイムシェアについてご存知の方も多いかもしれませんが、
タイムシェアって何?て方も、まあ適当に読み流してください(笑)

過去ログで「ラスベガス」と検索すると他のタイムシェアでの宿泊記がでてきます。
また、「ハワイ」で検索すると、ハワイのタイムシェア物件の過去ログがでてきます。



*今回泊ったのは、2ベッドルームで、この写真はリビング。


ひらたくいうとタイムシェアってのは加盟している会員がコンドミニアム型のホテルに泊まれるシステムで、マフィンが会員となっているのは、ヒルトン系列のもの。

ラスベガスで宿泊できるコンドミニアムは、3箇所あって、今回はそのうちのひとつ、ラスベガスの中心、フォーコーナーにある「ヒルトンフラミンゴ」に宿泊しました。


 
*ジャグジーがそれぞれの部屋にあります。  

 
*部屋にはキッチンがついています。

その名前の通り、ストリップ大通りに面したフラミンゴホテルと同じ一角にあるのですが、会員制のコンドミニアムは、この裏側のほうにあります。


*こちらはフラミンゴホテルの表の看板です

今回予約したのは、オープン予約というシステムで、1ヶ月前に空があれば、格安で泊れるというもの。いつもこの立地の良いフォーコーナーにあるコンドミニアムは空きが出ないのですが、今回なぜか取れました!ここに泊まるのは初めてです。

 
*アメニティは、不景気のせいか毎回泊るたびにだんだんしょぼくなり、ハンドクリームがなくなっていました!でも、シャンプー&コンディショナーはお気に入りの「CRABTREE&EVELYN」♪



14階と眺めも良く、窓からは「ヒルトンフラミンゴ」や近隣のホテルが見えてとてもきれいでした。


*左側に見えるのは「パリス」の縮小エッフェルタワー



コンドミニアムからホテルとの間にあるプールを通って、フラミンゴホテルへ。
こちらは一般のホテルなので、カジノもあります。



カジノのフロアーでは、ダンサーが踊ってました。



なかなかの眺めですね汗

「ヒルトン・フラミンゴ」は、会員制のホテルなので基本的に一般予約は受け付けておりませんが、会員ではなくても、タイムシェア見学などで泊れる格安のキャンペーンなどもありますよ。

ちなみに、今回宿泊した2ベッドルームは、通常1泊400ドル〜600ドルするお部屋ですが、今回は直前予約で、2泊、4人で割ってひとり65ドル!(5人でいきましたが、2人はソファベッドだったので4で割りました)1泊30ドルちょっとってわけで、これはけっこうお得でした。
そして、他のラスベガスのタイムシェア物件よりも、立地がとても便利な場所にあるので(どこに行くにも歩いていける!)超お薦めです!

フロアーで踊るダンサーにぜひ一票(笑)→人気ブログランキングへ






JUGEMテーマ:旅行
posted by: マフィン | ラスベガス | 15:27 | comments(3) | - |-
ラスベガスヒルトンフラミンゴの旅:Day 1 寿司バフェ-Makino-
会社の同僚3人とそのお友達2人の合計5人で
1月2日〜4日まで、2泊3日でラスベガスに行ってきました。

ウチの会社は1月1日のみが祝日のカレンダーどおり。
なんとか、調整してお休みをもらいました。

同僚の車で行くため、コビナに集合。
コビナはロスの山側の方でインランドエンパイアと呼ばれるエリア。

サンディエゴからだと遠いラスベガスも、ロス近郊からだとずいぶん近くなります。
Google Mapで調べると、ここから、ラスベガスまでは
なんと3時間40分で着いちゃう計算。
近いね〜(まあ、実際は渋滞や、休憩など取るので、すいすいいかないけどね)

ちなみにマフィンが住むハンティントンビーチからコビナまでは45分くらいです。


*途中で休憩、どこで休憩しても同じような何もない砂漠の景色が広がっています。
*写真に写っている人は通りすがりの人たち・・・手前の人、すごい毛皮だね<汗


お昼過ぎに集合して、ダラダラしてたら、ホテルに7時到着!(笑)

そのあと、先日ラスベガスから遊びに来たすずめちゃんから教えてもらった、
ラスベガスで今話題の日本食バフェ「Makino」に行って腹ごしらえ。

ここは、ラスベガス在住の日本人コミュニティにもとても人気があるそうです。



こちらもグズグズしていたら、あっという間に8時半、
お店に着くとあと30分で閉店とのこと。



お店より、9時になったら料理を片付けちゃうので先にとっておいたほうがいいとのことで、とりあえず食べれるかどうかもわからないけど、取れるだけお皿に持ってきてしまいました。

通常、バフェは残してはいけないので、自分が食べれる分だけ持ってくるのが礼儀ですが、今回は特別です。





遅く行ったのでなくなってしまったものもあるかと思いますが、
バラエティが豊富でネタもまあまあ。

だた、最後の最後に行ったので、せかされて食べている途中で会計を要求するなどかなり感じが悪く、以前ウエイトレスのバイトををしていたAちゃんは、憤慨。

Aちゃん曰く、「遅く入った自分達も悪いが、自分が働いていたレストランでは、閉店5分前に来た客でも対応して、その人が帰るまで付き合っていたとのこと(帰るようにせかしたり、客から会計を要求されるまでこちらから持っていくことは絶対にしないとのことです)」

まあ、バフェだから、それも仕方がないのかね?

 
*うどんやチョコレートフォンデュまであります!

そんなわけで、思いっきり詰め込んで、もう歩けないくらい食べたんだけど、
味わう時間もなかったので、吟味してる余裕もなし。

同じ寿司なら、マフィンは昨年行った、「Sushi Mon/すし門」に軍配を上げます(笑)
そして、バフェなら、先日紹介したロングビーチの「Hokkaido/北海道」に1票!
というのも、ネタの質的には「Makino」のほうが良いと思いますが、お値段がね。

Hokkaidoはディナーが15ドルに対して、「Makino」26ドルなんですもの(笑)
ちなみにバフェの場合でもチップは2ドルくらい置いて行くのが通例です。

やっぱり日本食激戦区のロスエリアでいろんな日本食を食べていると、
ラスベガスの日本食もサンディエゴから行ったときのように感動しないんだな〜
なんて思ったりしました(笑)

-------------------------------------------------------------------------
「すし門」と「北海道バフェ」については過去ログをご参考ください!


2007.12.31:ラスベガスでのカウントダウン3


2008.11.28:HOKKAIDO BUFFET - Long Beach
-------------------------------------------------------------------------

Makinoは寿司バフェチェーンレストラン「TODAI」の創業者 Makino氏が「TODAI」を売却後に展開したお店で、ラスベガスには現在2店舗あるようです(もう1店舗はプレミアムアウトレット内)

今回訪れた場所は、ラスベガス大通の中心、フォーコーナーからもとても近く、
5〜6分で着く場所でなので、立地は良いです。

今回はたまたまタイミングが悪かったけど、家族や仲間とワイワイ楽しみながら
いろんな種類の料理を味わえるので、ラスベガス旅行中、アメリカの食事にあきたら
こういうのもアリかな。

うどんや煮物など、本格派日本食も選べるバフェで、アジア系のオーナーがやっているバフェとは一味違う感じがしました。


Makino
3965 S. Decatur Blvd #5
Las Vegas, NV 89103
Phone: 702-889-4477


お店のサイトはこちらです→Makino


ラスベガスといったらバフェでしょう!
ブログといったらマフィンでしょう?!えっ?ポチよろしく(笑)→人気ブログランキングへ






JUGEMテーマ:グルメ
posted by: マフィン | ラスベガス | 08:25 | comments(2) | - |-
ラスベガスから戻りました!
さて、元旦の1月1日にサンディエゴに向けてホテルを出発しました。10時にチェックアウトして、そそくさと帰る予定でしたが、ちょっといろいろ雑雑としたことが発生しまして、結局ガソリン入れて、高速に乗ったのは11時40分頃。

あちゃーっすっかり出遅れたね!
フリーウエイの電光掲示板に「ロス方面激混み」の表示、ヤバイよ<汗

表示どおり、ラスベガスの市内を抜けるのにかなり時間がかかり、出てから、ちょっといったところの休憩所でトイレに行こうと思ったんだけど、こりゃあ、時間がかかりそうって思って、高速を降りることにしました。

アウトレットモールの向い側のラスベガスでは一番はずれのカジノがあるホテルに入りましたが、なんだか、ここのホテルのセルフパーキングはとってもガラの悪そうな車が多くて、ラスベガスの中心地のホテルと明らかに客層が違う感じでした<失礼汗

やっぱり、この判断は正解で、そこからまたけっこう混んでた上、行きと同じく、一番手前の休憩場は閉鎖でした。修理中のためということでしたが、ここをアテにしてた人、かわいそうだねぇ〜ずっと40マイルくらいで、ここまですでに2時間くらいかかってます。


*手前に映ってる車、知らない人のです、マフィンのじゃないですから、念のため^^

その次くらいの休憩場まで、さらに1時間くらいかな、ここで↑↓、昼食をとりました。
すでに午後3時です。

   

昨日テイクアウトした、寿司セット、さすがにかなりのボリュームで全部は食べ切れませんでした汗

セットに入っていたカリフォルニアロールは、朝食でいただき、昼食は、同じくセットに入っていた白飯にすずめちゃんからもらった、ごはんに混ぜるだけの「しらす・わかめ」をまぜて、テイクアウトした容器を再利用、なにげに便利でしたね。さらに、付け合せの漬物(というか、キュウリとゴマの酢の物でしたね)も一緒に♪

砂漠の真ん中で食べるキュウリの酢の物がやけにうまくて♪

ちなみに、白飯は、思いっきりタイ米?って感じだったので、冷たくなるとイマイチでしたが、ま、こんなふうに活用できたので、便利でしたけどね。

ということで、昨日紹介したお寿司屋さんは熱いうちに、できれば、お店で頂くことをお薦めします!ネタは本当にいいので!お店で食べたときにはシャリがぜんぜん気にならなかったのですが〜。

その後は、平均60マイルでしたが、途中何箇所かで40マイルくらいになったりして、すごく混んでたわけではないですが、それなりにです。

サンディエゴに戻るのでリバーサイド方面、215に分岐するところがものすごく混んでました車こちら側は問題はなかったのですが、ロス方面に行くほうの車線がもう、、まったく動いてませんでしたね。

 

6時ちょっと前に自宅につきました。まるまる6時間のドライブ。通常は5時間くらいなので、渋滞にあったとはいえ、それほど時間がかかったわけでもなく、快適でした。

車から降りるとむわっとして、空気が生暖かい・・サンディエゴってやっぱ、本当に温暖な土地なんだなぁ〜なんて、再認識しました。
ラスベガスはとても寒かったです、特に外を歩くときがねぇ、やっぱ、冬って感じでした。3年前に日本から持ってきたマフラー、初めて使いましたよゆき

夕食も、テイクアウトした寿司の残り物で済ませました<笑
年越し蕎麦の残りを茹でて、海老天と一緒にムード
家に戻ってすぐに食べれるものがあるって便利です♪

結局この、寿司のテイクアウト、約35ドルでしたが、一粒で2度美味しいどころか、5度くらい美味しかったですね。

夕食→寿司と刺身、ソフトシェルクラブのてんぷらとお味噌汁
翌日の朝食→カリフォルニアロール
翌日の昼食→白米と漬物
翌日の夕食→海老天
翌々日の昼食→焼き魚(サーモン)
さらにその次の日の夕食→焼き魚(サーモン)→大きなサーモンの切り身が2切れついてたので<笑


こんな感じです・・・まあ、このテイクアウト2人用とはいえ、かなりリーズナブルなシロモノです<笑

デザートに、イタリアンレストランからお持ち帰りしたチーズケーキを頂きました。
これも、うまかったよぉ〜〜ケーキ

以上、ラスベガスグルメ紀行でした!?
今年1年も食べてばかりかもしれませんディナー
posted by: マフィン | ラスベガス | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ラスベガスからHappy New Year!
鏡もち新年あけましておめでとうございます!鏡もち
日本はすでに、年が明けていますが、ラスベガスはつい先ほど年を越しました!



カウントダウンの花火はホテルの前のストリップ大通り”ラスベガスブルーバード”から見えると聞いていたので、12時5分前にエレベーターに乗って降りると、宿泊客やホテルのスタッフがゾクゾクと通りに向かって降りてきました。

 

↑こちらは、フォコーナー(ホテルベラージオがあるあたり)の方角を見た景色。
左の写真は今ひとつ花火が見えませんが、いちお上がってるんですよ。右の写真は夜景モードでシャッタースピードが遅いので、ボケボケです^^<汗

  
左は花火が上がる前、右の写真は上がっているところ。

↑サハラという通りの向こうにタワーがあるのですが、そのタワーの上から花火が上がって瀧のように落ちていきました。フォーコーナーの方角と違って、こちら側はホテルも少なくちょっと寂れた雰囲気の方角なので、こんな感じで花火が上がってちょっとビックリしましたよ!

10分くらいで花火は終わりましたが、あちこちで花火が上がっていたので上空は黙々と煙が立ち込め、観客もラッパを鳴らしたり歓声を上げたりとなかなか華やかでした。

ホテルに戻って、HBOで放映していた映画「ドリームガールズ」を見ながら年越しそばを食べました^^お腹一杯〜

なにはともあれ、今年もどうぞよろしくお願いいたしますおはな
皆様に幸せが訪れますように!
posted by: マフィン | ラスベガス | 02:20 | comments(10) | trackbacks(0) |-
ラスベガスでのカウントダウン3
大晦日はホテルの前のストリップ大通り(ラスベガスブルーバード)が夕方5時から通行止めになるということで、その前に買出しです。午後2時過ぎ、エレベーターで降りる途中ホテルの従業員の方から、「外にでるなら十分気をつけるんですよ!」とのアドバイス。

今ニュースで報道されていましたが、ラスベガスはニューイヤーズイブのカウントダウンのイベントではニューヨークに告ぐ2番目の犯罪率だそうです(ひぇ〜)

さて、本日の夕食の買出しは、すずめちゃんの妹さんご夫婦に教えていただいたお寿司のテイクアウトが目的です。数年前、すずめちゃんが、絶賛していたこのお寿司やさん。コストパフォーマンスを考えると日本の寿司屋よりも美味しいということで、ラスベガスに行ったらぜひ、食べたいと思っていたのですムード

テイクアウトもOKということで、年越しはやっぱり寿司&そばでしょう♪
おそばはサンディエゴのニジヤで買った年越しそばを持参しています

車で行くとホテルからは15分くらいとちょっと遠いのですが、ウエストサハラを真っ直ぐ行けばよいので、とても簡単な道のりです。ネットで検索すると、ラスベガスで一番!グッドと太鼓判を押すコメントがぞくぞくとでてきますが、積極的に広告などは行っておらずクチコミで人気がひろまっているそうです。

旅行客でも評判を聞きつけて、ラスベガスのホテルからタクシーで行く人もいるようで、タクシー代はだいたい50ドルくらいというコメントもありました。50ドルかけても行く価値アリかも?!

実は、テイクアウトしようと思ったのですが、ちょうどランチもやっていたので、その場で食べちゃいました。そしてもちろんテイクアウトも!



コレはSushi Lunchで8.5ドル、マグロ、サーモン、アルバコアツナ(びんちょうマグロ)、エビ(茹でたもの)、ホワイトフィッシュ、カリフォルニアロールが8個、そしてお味噌汁がついています。

写真の映りがイマイチですが、どれもネタが新鮮で油が乗っており、シャリが小さめでネタがでかいところもポイントが高いです!コストパフォーマンスを考えるとサンディエゴのSUSHI OTAよりはるかにいいですね。

SUSHI OTAのウリは、日本から直輸入したネタを使っていることだそうで、こちらのSushi Monはカリフォルニアの卸から仕入れているそうですが(マネージャーに思わず聞いちゃったよ!)はっきり言って、、こっちの方が断然良いネタです!サンディエゴのお寿司屋さんも、もう少し頑張って欲しいですね!しょんぼり

メニューはこんな感じです。(見えるかな?)
 
左がディナーメニューで右がランチメニューです

時間制限がありますが、寿司の食べ放題、ランチ20.95ドル(45分)、ディナー25.95ドル(60分)も、たくさん食べる人にはとってもお得かも?!


これが、テイクアウトした「シーフードコンボ(二人用<汗)」34.95ドル♪大奮発!1人ディナーなので、せめて豪華にあせあせ

きちんとプラスチックの容器に入れてくれたので、ものすごい量です。白米もついていて、コレは明日のサンディエゴまでの移動用におにぎりにしようかな!

 

さんざん迷った上、刺身がセットになっていて、ソフトシェルクラブがついているメニューを選びました。エビのてんぷらも思いがけず大きくてビックリ!年越しそば(こちらはニジヤから買ってきたもの)は天ぷらそばにしようっと!

 

↑お店はこんな感じです。ストリップ大通り(ラスベガスブルーバード)から向かうと右手にあります。けっこう遠くだったので、こんなはずれにお店があるのか?と思ったけど、モールの中にありまして、見つけやすかったです

Sushi Mon(すし門)
8320 W Sahara Av #180
Las Vegas, NV 89117-8938
TEL:(702) 304-0044

ホテルのサイトはコチラ!
*いくつか店舗があるようで、ホームページにある住所とは異なりますが、ストリップからは上記が近いとのことです。

ホテルに戻るとカウントダウンに備え、ぞくぞくと食料を買出しして部屋に戻るお客さんが一杯でした。

なんだか、すずめちゃんと別れた後、1人で年越しっていうのも、この先1年を象徴しているようで(笑)ちょっと寂しいものがありましたが、美味しいお寿司とラグジュアリーなホテル、昼間は買出しにフィットネスと忙しく、プールサイドでのんびり読書なんて思って持ってきた本も読む暇もなくあっという間に過ぎてしまいました!

さて、カウントダウンまでもうすぐです!!
その様子はまたブログで!
posted by: マフィン | ラスベガス | 10:50 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ラスベガスでのカウントダウン2
さて、遅く起きて部屋でまたおしゃべりしながらくつろいでいると、あっという間にお昼過ぎ。

中途半端な時間なので、ダウンタウン近くのプレミアムアウトレットモールへ向かいました。すずめちゃんお目当てのキッチン用品を買いに行ったのですが、残念ながらありませぬ・・・。

 
左:マフィン注文のサワークリーム 右:すずめちゃん注文のベーコン

夜は妹さん夫婦とディナーのお約束だったので、軽くモールでベイクドポテトをいただき、またホテルに戻りました。ホテルのアトラクションを見に出かけようかとも思いましたが、年末のせいか、道路は激込み車移動にものすごく時間がかかるので、ホテルで待機です。

6時前に妹さんがホテルに迎えに来てくれました。Auntieすずめ、1日ぶりに姪御さんとご対面、わずか1日しか離れてないのに、1年も会っていないような感動的な再開でもうメロメロ。姪御さんから目が離せません(笑)とてもかわいいハーフの女の子なので将来は第2のリア・ディゾンでしょうかね?!写真を載せたいのですが、ストーカーが怖いので、控えます<笑

さて、ラスベガス在住の妹さんご夫婦に連れて行っていただいたのは、イタリアンレストラン!サンディエゴのイタリアンは超まずいのですが、コチラは本場の味に近く美味しかったですすずめちゃんのお母様にご馳走していただきました。ありがとうございます


 
トマトパスタとナスのラザニア(正式な名前覚えてないんでラザニアってことで汗
 
モッツァレラ&パプリカとボンゴレ
 
ラビオリとデザートケーキ

たくさんでいくといろんな種類のメニューをシェアしていただけるので嬉しいね♪
イタリアンブレッドもたくさんあり、生ハムやチーズ、パスタなども販売していて、テイクアウトも可能です。こんなお店が近くにあったら便利でいいなぁ〜

ここは、観光客が多く泊まっているストリップ大通りからはちょっと遠いので車がないときついけど、お薦めですよ!お店はこんな感じです↓

 

ラスベガスにお越しの際はぜひお立ち寄りください(まるで観光大使のようですね^^)

Roma Deli & Restaurant
5755 Spring Mountain Rd. Ste.A
Las Vegas, NV 89146
TEL: (702)-871-5577

posted by: マフィン | ラスベガス | 09:32 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ラスベガスでのカウントダウン!
突然ですが、ラスベガスにきています!(いつも突然^^)

3度目のラスベガス! 1度目は2005年のサンクスギビング(ブログにアップ済み)、2度目は昨年夏、両親と旅行・・・原稿を書いたきり、まだブログにはアップしていませんでした・・近いうちに掲載します<汗

さて、3度目のラスベガスは本当に突然でした!

今年7月にサンディエゴに遊びに来たすずめちゃん、あのときもラスベガスに住む妹さん夫婦の家に遊びに来たついでに、サンディエゴまで来てくれたのですが、クリスマスにもまた、お母様とご一緒に、ラスベガスに遊びにいらしているのです。

また年末にラスベガスに来ると聞いていたので今度はマフィンが遊びに行っちゃおうかな〜?なんてちらりと思いましたが、さすがにクリスマス&年末なので、家族水入らずのイベントも多かろうと思い、遠慮してあえて、連絡も取らなかったわけです。

すると突然、昨日(27日)すずめちゃんからメールが届き、スカイプをすることに。そして、なんと、ラスベガスで会うことが決定!<22日からこちらにきているすずめちゃん、ヒマだったのか〜?!<笑

1月4日くらいまでラスベガスにいるもんだと思っていたのですが、1月1日に帰国とのことで、バタバタ。あわてて、ホテルの予約状況をみると、なんと偶然にもお目当てのホテルが空いていました・・・ということで29日から3泊、ラスベガスです。

飛行機のチケットは直前でさすがに、信じられないくらいに高くなっているので、車での移動です。325マイル=約523キロ・女1人、片道5時間弱のドライブ・・・我ながら・・たくましいなぁ〜と思ったりして・・・

29日はずすめちゃんと一緒に泊まり、30日と31日は、そのまま、ホテルに1人で居残り、1日の元旦にまたサンディエゴに戻る予定です。泊まっているところは、ラスベガスの目抜き通りのストリップ沿い。窓から通りが見えるので、カウントダウンの花火もホテルの部屋から見ようかなと思っていますが、見えるかな?

29日で土曜日ということもあり、道も込むだろうなぁと思って朝の6時20分にサンディエゴを出発しましたが(あいにくの雨!雨)意外と空いていて、11時前にはもう、すずめちゃんの妹さんのご自宅に到着しておりました。

途中で休憩して持参したおにぎりを食べようと思っていたのに、15号線の休憩所は閉鎖・・・15に乗る手前でトイレ&ガソリン補充しておいて良かったですよ〜年末だから?冬だから?ラスベガスにドライブ予定の方は、気をつけてくださいね〜

さて、そのホテル、以前もこのブログに書いた、ヒルトングランドバケーションクラブのタイムシェアを利用しました。直前予約は1ヶ月前からの受付。さすがに希望日が、明後日からということで、無理かなと思ったら、偶然空いてましたね(笑)

そのお部屋がこれ↓

コンドミニアムタイプなのでキッチンつきです。1ベッドルームでリビングとキッチンの写真

  
トイレと右写真奥にあるのが、シャワーブース。大きなバスタブは寝室の隣にあります。
  
寝室とアメニティはマフィンの大好きな「CRABTREE&EVELYN」このLa Sourceシリーズは香りがとってもいいのよ〜
 

このお部屋は4人まで泊まれるのですが、ファミリータイプなので、寝室のベッドはすべてキングサイズ(ベッドが1個ってことね)で、さすがにミドルエイジの女2人ひとつのベッドで寝るのは・・・(そっちの方の趣向はありませんので、念のため<汗まるで遠距離恋愛のカップルのように頻繁にアメリカと日本で会っていますが^^;)

でも、大丈夫!リビングにあるソファーがクイーンサイズのベッドになるので、組み立ててそちらを利用しましたよ。(写真とってなかったな、残念!)

ラスベガスまでのドライブなんて信じられない!っていう方も多いと思いますが、マフィンの場合、音楽を聴きながらモハベ砂漠の雄大な景色を眺めながらのドライブはまったく苦にならず、あっという間の5時間でした。

特に、家にいると、ろくなオーディオ設備がないのでカーステレオの音質のほうが良かったりします(笑)家にいるとボリュームも大きくできないので(近所のメキシカンやベトナム人は最大限にボリューム上げてるけど)気兼ねなく音楽が聴ける車の中は最高なのでした!

今回のドライブのお供はこの3枚! ん?若すぎって??それが何か?<笑
LINKIN PARKを語ると長くなるので(笑)それはまたいつか!



ハイブリッド・セオリー(通常)
ハイブリッド・セオリー
リンキン・パーク

Meteora
Meteora
Linkin Park

Minutes to Midnight
Minutes to Midnight
Linkin Park


さて、すずめちゃんの妹さんの家で妹さんとその御主人、姪御さん、お母さんに初対面!しばしくつろがせていただいてから、ラスベガスの街にくりだしました。いきなりカーステレオから、流れる音楽にすずめちゃんタジタジ・・・縦揺れしそうということで、やむなくFMラジオに切り替えるマフィン(笑)

とりあえず、ストリップ大通りの中心にあるフォーコーナー沿いのシーザーズパレスの駐車場に車を止めてあたりを散策いたしました。



↑名物無料の噴水ショー(FOUNTAIN SHOW Bellagio)があるホテルベラージオ
↓エッフェル塔の比率そのままのミニュチアがあるホテルパリス


歩きつかれたので、フォーラムショップスの中にあるチーズケーキファクトリーで休憩ハート


マフィンが注文したゴディバのチーズケーキ

すずめちゃんが注文したストロベリーソースがけのチーズケーキ

チーズケーキファクトリーってハワイのショップなどは日本人の大行列らしくって、とにかく人気がありますよねケーキ、マフィンも行ってみたかったものの1人ではいるのもなんだし、お値段も高いので今まで1度も入ったことがありませんでしたが、やっぱり、とても美味しかったです!

サンディエゴの自宅から5分くらいのところにあるので、今度はテイクアウトで買ってみようかな?!(高いけどね〜汗まあ、でもボリュームはたっぷりだけど♪)

そして、夜は、フリーモント・ストリート・エクスペリエンスを見にダウンタウン

アーケードの天井がスクリーンになって、映像が映し出されるのですが、昨年見たときには、リンカーンとかアメリカの歴史とかグランドキャニオンなどの映像で、教育的ビデオという感じでしたが、今回はなぜか、ハレンチでした(笑)

時間帯が夜の10時だったからかもしれませんが、次から次へとセクシーなネエチャンがでてきて、それで終わり(笑)

   

アーケードの中では、2組のミュージシャンがライブ演奏で盛り上げておりました。
 
左:どうしてもDJ OZMAに見えてしまうボーカルは80年代のディスコミュージックを繰り広げ、会場の中年たちが我を忘れて踊ってました(笑)
右:コチラはちょっと硬派?っぽいですが、やはり80年代に流行ったロックミュージックの演奏です。ここに来るお客さんがそういう年齢層なのでしょうかね?


まあ、そんな感じで怒涛の1日が過ぎ、夜遅くまでワインを飲みながらおしゃべりをして、お互い寝不足で翌日を迎える2人でした!

ラスベガス旅行記はまだまだ続くよ!

JUGEMテーマ:大晦日/お正月

posted by: マフィン | ラスベガス | 14:52 | comments(2) | trackbacks(0) |-